YouTubeチャンネル始めました

チャンネル登録と高評価お願いします。

もぐにんのYouTubeチャンネル

【あるある】上野・御徒町のハプニングバー「ハニートラップ」あるある

今回はハプニングバーのお店に関するあるあるです。

ハプニングバーってお店ごとに特徴があって、それぞれ違ったあるあるがあるので、紹介して行きます。

この動画では、上野・御徒町のハプニングバー「ハニートラップ」のあるあるを紹介していきます。

これから行くお店に行く男性の方は、こんな感じになるんだなぁと、ぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

ハニトラのあるあるを10コに絞って紹介します。

後半につれて面白くなるので、ぜひ最後まで見て下さい。

まず1個目のあるある。

 

「入口に行列できがち」

これありますね。

ハニートラップって集客力の強いハプニングバーで、それなりに混みます。

混むハプニングバーなので、お店の入口のところで、受付待ちが発生することがあります。

受付で待つ場所が、ハニトラ特有の下に降りていく謎の階段があって、そこで行列ができるというのがあるあるです。

ハプニングバーを全く知らない人からすると、これ何の行列なのか?と気になる人もいると思います。

まぁでも、ハニトラのある通りは、そんなに人通りが多くないので、あんまり見られることもないと思います。

1コ目のあるあるは「入口に行列できがち」でした。

次。

2こ目のあるある

 

「階段で転びがち」

これありますねぇ。

ハニトラの店内の構造が結構独特で、他のお店と比べると段差が店内のいたるところにあります。

店内全体がでこぼこしています。

お店に慣れていない人や酔っ払っている人で、転ぶ人が多いです。

転んで怪我とかしたら、本当のハプニングになるので、ハニトラに行くときは足元に気をつけて下さい。

結構な頻度で、転んでいる人を見かけるので、本当に気をつけて下さい。

2コ目のあるあるは「階段で転びがち」でした。

あるある3こ目。

 

「頭ぶつけがち」

これあります。

ハニトラって、全体的にお店が暗くて、天井が低いです。

そして、天井の色が黒なので、頭ぶつけます。

気を張っていないと、天井が低いことを忘れてしまうので、頭をぶつけて痛い思いをする人が多いです。

特に気をつけて欲しいのが、バーカウンターの隣の空間です。

ここは天井が近いということを知っていても、ぶつけることがあります。

気をつけて下さい。

他のハプニングバーよりも怪我しやすいハプニングバーなのかもしれません。

転んだり、ぶつけたりするハプニングバーです。

3こめのあるあるは「頭ぶつけがち」でした。

次。

4こめのあるある

 

「店員さんが足りてない」

これあります。

曜日とかにもよると思いますが、ハニトラは混む日はすごく混むので、店員さんが足りていない時があります。

人が足りなさすぎて、ドリンクとかルームの案内を待たされたりします。

ハプニングバーの店員として働くには、結構忙しいお店だと思います。

店員さんが忙しそうにしている時は気を使ってあげて下さい。

5こめのあるあるは「店員さんが足りてない」でした。

次。

6こめのあるある

これが一番重要なあるあるなんですけど、

 

「大部屋に案内されて、ハプニング中にチンコ萎えがち」

これあります。

ハニトラでルームに入ろうとすると、基本的に大部屋に案内されることが多いです。

大部屋だと、他の人たちと相部屋になることがあります。

相部屋の場合、周りの人がいる状況の中で、チンコを立たせないといけないので、新規の男性とかだとチンコがたたないことがよくあります。

ハニトラはルームに入ってからが勝負です。

人がいる状況で立たせないといけないので、たたない人が多いという話はよく聞きます。

ハニトラの女性陣は、立たないことに関して厳しい人もいるので、本当に気をつけた方が良いです。

ただでさえ、大部屋は、たちづらい状況なので、あんまりお酒は飲まない方が良いです。

あと、大部屋でチンコが立たない人はハニトラに行かない方が良いかもしれません。

5こめのあるあるは「大部屋に案内されて、ハプニング中にチンコ萎えがち」でした。

次。

6こめのあるある

 

「通路でハプると摘発にビビりがち」

これありますねぇ。

ハニトラは通路でハプニングをする場所があって、これは結構独特です。

他のハプニングバーで通路というのは、あまり聞かないです。

通路でハプっていると、摘発が怖いです。

スタッフの方が時々、部屋に入ることがあるんですけど、その度、摘発なのでないか?とビビったりします。

これは本当にドキドキします。

上野のハプニングバーはよく摘発されているので、いつ本物の警察が来るのか心配です。

6こ目のあるあるは「通路でハプると摘発にビビりがち」でした。

次。

7こ目のあるある

 

「毎回見かける人がいる」

これありますねぇ。

ハニトラに行くと、毎回のように見かける人が何人かいます。

これは数回行ったことある人に共感されると思います。

お客さんの中に、かなりハイペースでお店にきている常連は何人もいると思います。

よくお店にいる人は、固定の曜日だけなく、たまたまパッとお店に行った時もいます。

どれくらいのペースでお店にきているのかわからないけど、頻繁に見かけるという人は、男女共にいます。

頻繁にお店に来ているからこそ、常連男性は強いです。

ハプ率が安定しています。

7こめのあるあるは「毎回見かける人がいる」でした。

次。

8こ目のあるある

 

「ソファー席、常連陣取りがち」

これあります。

お店の中段にソファー席みたいなところがあって、そこで常連が陣取っていることが多いです。

ここのグループは、お店に通い慣れないと、入れてもらえないような雰囲気があります。

ソファー席でワイワイしているような人達は基本的に常連なので、無理やり割り込んでいくのは結構難しいと思います。

ワイワイしている人がどのような人なのか見極めて、入れてもらうってのはアリだと思います。

8こめのあるあるは「ソファー席、常連陣取りがち」でした。

次。

9こ目のあるある

 

「想像以上に、人妻が多い」

これあります。

ハニトラは人妻の多いハプニングバーという印象があります。

ハプニングバーに行ったことがない人からすると、こんなにも人妻の女性がいるのかとびっくりするかもしれません。

主に、人妻の女性はセックスレスが原因でお店に来ています。

なので、セックスレスの男性は、奥さんがハプニングバーに行っている可能性があるので気をつけた方がいいかもしれません。

気になる方は、財布の中などにハプニングバーの会員証が入っているかどうかを確認してみると良いと思います。

9こめのあるあるは「想像以上に、人妻が多い」でした。

次。

10こ目のあるある

 

「イベントのプッシュが強い」

これが10こ目のあるあるです。

ハニトラに行ったら、特に新規でお店に行った人にありがちなことなんですけど、

このイベントきて下さいというプッシュが強いです。

ハニトラはイベントによって人が集まり具合が違ったりします。

お店として力を入れているイベントプッシュされるので、またお店に行ってしまうというのがあると思います。

イベントをオススメされると、その日はダメでも、もしかしたら、オススメされたイベントの日は良いのかもしれないと思って、お店にきてしまうというのがハニトラのあるあるです。

そういうこともあって、ハニトラはリピートしてしまいます。

10こめのあるあるは「イベントのプッシュが強い」でした。

 

今回、上野・御徒町のハプニングバー「ハニートラップ」のあるあるを10コ紹介しました。

他にもハニトラのに関するあるあるとかはありますが、お店に関するあるある、この10個だと思います。

これすごく使えると思うので、覚えておいて下さい。

特に覚えておいて欲しいのが、

店内で大部屋に案内されることになったら、「これ、もぐにんの動画で聞いたところじゃん」と思って下さい。

そしたら、「ルームに入ってからが本番なので」ちゃんと大部屋で、チンコを立てましょう。

ハニトラでは、ルームに行ったけど、ハプれずに終わる人は結構多いです。

本当に気をつけて下さい。

大部屋でチンコが立たない人は、ハニトラは向いていないと思うので、別のハプニングバーに行った方が良いと思います。

上野・御徒町のハプニングバー「ハニートラップ」のあるある、は以上になります。

チャンネル登録と高評価お願いします。

 

ご視聴有難うございました。

失礼いたします。

▼ハプニングバー特化のYouTubeチャンネル始めました▼

ハプニングバーやカップル喫茶に関する動画を発信しています

チャンネル登録と高評価お願いします。

もぐにんのYouTubeチャンネル

 

▼記事が良かった方はツイッターのフォローお願いします▼

ブログの管理人もぐにんのツイッター

 

■ヤリ目的の女性にオススメの出会い系サイト

私自身も登録している出会い系サイトの紹介です。

PC MAX(R18)

【高評価・おすすめポイント】

  • 実際にサイトを使っている会員が多い
  • 大人の出会い目的の女性が多い
  • 登録しても迷惑メールが来ない
  • サイトの運営歴が10年以上

 

記事のシェア・共有はコチラから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA